一連の豚コレラ問題。9か月以上経っても、とどまることを知らず感染が拡大し続けている。
豚コレラが発生した場合、他の感染が疑われる豚も殺処分されてしまう。
養豚農家からは「一刻も早く豚にワクチンを打ってほしい」との声があがる。

ではなぜすぐにでもワクチンを打たないのか?
ワクチンを使ってしまうと日本は「清浄国」の認定が一時停止される。
この場合豚肉輸出が困難になるおそれがあるとのことで政府はワクチン接種を認めていない。

しかしワクチン接種を認めなかったために、ここまで豚コレラを蔓延させた事は安倍政権の
失策といってよい。以下がこれまでの時系列である。

2018/9/9   岐阜 国内 1例目 546頭殺処分(国内26年ぶりに豚コレラ発生)
2018/11/16 岐阜 国内 2例目  21頭殺処分
2018/12/5  岐阜 国内 3例目 503頭殺処分
2018/12/10 岐阜 国内 4例目  21頭殺処分(飼養いのしし)
2018/12/15 岐阜 国内 5例目  10頭殺処分
2018/12/22 愛知で捕獲された野生イノシシ 豚コレラ陽性
2018/12/25 岐阜 国内 6例目 8083頭殺処分
2019/1/29  岐阜 国内 7例目 2537頭殺処分
2019/2/6   愛知、岐阜、長野、滋賀、大阪 国内8例目 15482頭殺処分
(それぞれ7231, 4333, 2482, 699, 737頭)
2019/2/13  愛知 国内 9例目 17325頭殺処分
2019/2/19  岐阜 国内10例目 5765頭殺処分
2019/2/22  野生イノシシに餌ワクチンを散布を決定
2019/3/7   岐阜 国内11例目 1503頭殺処分
2019/3/23  岐阜 国内12例目 3637頭殺処分
2019/3/27  愛知 国内13例目 4131頭殺処分
2019/3/28  愛知 国内14例目 8151頭殺処分
2019/3/29  愛知 国内15例目 1468頭殺処分
2019/3/29  愛知 国内16例目 1014頭殺処分
2019/3/30  岐阜 国内17例目  666頭殺処分
2019/4/9   岐阜 国内18例目 3521頭殺処分
2019/4/10  愛知 国内19例目 4641頭殺処分
2019/4/17  岐阜 国内20例目 9897頭殺処分
2019/4/21  愛知 国内21例目 1726頭殺処分
2019/4/22  愛知 国内22例目 966頭殺処分
2019/5/17  愛知 国内23例目 4737頭殺処分
2019/5/25  岐阜 国内24例目 2040頭殺処分
2019/6/5   岐阜 国内25例目 [7429]頭殺処分   []内精査中
2019/6/12  愛知 国内26例目 [1254]頭殺処分
2019/6/23  岐阜 国内27例目 [1193]頭殺処分
2019/6/26  三重で初確認 野生イノシシ2頭感染
2019/6/29  愛知 国内28例目 [7828]頭殺処分

2019/7/3の時に書いたとき殺処分数は報道から引用したが
2019/7/16に正確な値に訂正する(訂正済み)
出典 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/

よく比較されるのが民主党政権時に起こった口蹄疫である。民主党政権は結果的に4か月で口蹄疫を
終息させている。 (最初の感染から最後の感染までは3か月)
今回の豚コレラは既に9か月以上経って未だ終息していない。


安倍自民政権は3つの過ちを犯した。
(1)初動を間違えた
(2)失敗を認めたくない政権
(3)メディアやネットでの報道の少なさ

以下でそれぞれ触れる。




(1)初動を間違えた

豚コレラの発生原因は野生イノシシからの感染と考えられる。

以下が豚コレラ陽性の野生イノシシを捕獲した日付
(詳しくは岐阜県のホームページ https://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/chikusan/kachiku-eisei/11437/CSF-taiokeika.html )  

2018 9/14,15,18,19,22,26,27,28,30  
     10/2,3,4,5,7,8,9,12,13,16,17,19,20,23,24,26,28,29,30  
     11/1,3,5,7,9,10,13,16,17,19,20,21,22,24,26,30   12/2,6,7,9,18,21,25,26,28,31
2019 1/3,5,8,15,17,19,21,24,25,29,31  2/4,5,6,7,8,12,13,14,18,19,20,21,25,27
     3/1,2,6,8,11,14,18,20,22,25,26,27 
     4/2,3,4,5,8,9,11,12,13,14,15,17,18,19,22,23,24,25,26,29
     5/ 2,5,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,19,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31
     6/1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27


2019/6/28時点で豚コレラ陽性判定となった野生イノシシは検査実施1519頭中676頭。
発生した2018/9/9以来、ほぼ毎日豚コレラ陽性の野生イノシシが見つかっていることがわかる。
2018年9月時点で既に野生イノシシの間で豚コレラが蔓延していたことが想像つく。

最初から豚にワクチン接種を行い、同時に野生イノシシにワクチン入りの餌の散布を行えば
ここまでひどいことにならずに済んだのではないか?



(2)失敗を認めたくない政権

豚にワクチン接種をするタイミングはいくらでもあったはずだ。
しかし政権は豚コレラを軽視した。

1例目は民間の養豚農場で起こったが、2例目と3例目と5例目は公共の施設で起こっている。
また4例目は豚ではなく飼養いのししである。このようなこともあってワクチン接種を躊躇したのでは
ないかと勘ぐってしまう。そして6例目(12/25)が起こり今まで以上の大きい被害が出た。
最悪この時点で事のヤバさに気付き、ワクチン接種すべきであった。

いやしくもこの時すでに民主党政権が口蹄疫を終息させたのとほぼ同じの4か月弱が経っているのである。
だからこそワクチン接種に踏み切れば「今まで何をしてたのか」と責任を追及されるのは必至であり、
民主党政権が4か月で口蹄疫を終息させたことと比較されてしまう。だからこそ安倍政権はワクチン接種を
何が何でも拒否したのではないかと疑ってしまう。そして未だに政府は豚にワクチンを打つことを認めて
いない。

もはや「ワクチンを使えば清浄国からはずれる」というのが初動のまずさの責任を認めたくないための
言い訳にしか聞こえない。


(3)メディアやネットでの報道の少なさ

口蹄疫の時は消毒する映像などをメディアが大々的に取り上げていた。
翻って、豚コレラでは報道がほとんど全くと言って見かけない。散発的に記事になる程度である。
否、メディアだけではない。ネット上でも政府の対応を批判した記事が驚くほど少ない。
検索すればわかる。(注1)

国内でこんな異常事態が9か月以上も起こっているのだ。G20などをのんきに報道している場合ではない。
ご存じのとおり我が国の報道の自由度は2010年(鳩山政権)の世界11位と比べ2019年(安倍政権)世界67位と著しく低下している。
つまり政府に都合の悪いことは出にくい社会になっているのだ。
そんなこともあって豚コレラについて国民の間に危機感が共有されず、ここまで大事になった。
政権にとって都合の悪い報道は封じる。これが豚コレラが安倍政権による人災であることの最大の
所以だ。




ワクチン接種したら「清浄国」認定がはずれると政府は言うが、日経の記事によると、
口蹄疫の場合9か月で復帰している。

日本、口蹄疫の「清浄国」に 9カ月ぶり復帰
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC0500B_V00C11A2000000/

これ以上の感染拡大させないためにも、一刻も早い豚へのワクチン接種が望まれる。




(注1)
政府の対応のまずさをはっきり指摘しているのはbuzzapの記事と 5ch嫌儲板の書き込み、
そして個人ブログぐらい。肝心の大手メディアはだんまりだ。(起こった事実のみを伝え解説がない)

豚コレラの流行、とっくに民主党政権での口蹄疫を超えていました
2019年2月23日
https://buzzap.jp/news/20190223-hog-cholera-foot-and-mouth-disease/

豚コレラ感染拡大続きブランド豚全滅秒読み、9ヶ月経過も終息できず殺処分は10万頭超えに
2019年6月7日
https://buzzap.jp/news/20190607-classical-swine-fever-japan/


嫌儲板関連スレッド