桜を見る会 12月21日(土曜日)-12月31日(火曜日)の動き

12月21日(土曜日)

1.
安倍首相「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者が複数! 公選法の「買収罪」に相当、少額・少人数でも議員逮捕のケース
(リテラ)


12月23日(月曜日)

1.
菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?
(週プレNEWS)

2.
内閣府は、「60」の区分番号について担当者に聞き取った結果として「官邸や与党の枠だった」と明らかにした




12月24日(火曜日)

1.
第18回「桜を見る会」追及ヒアリング

2.
共産党の宮本徹議員は国立公文書館で開示されている2005年開催「桜を見る会」の資料を公表し
そこには招待区分「60」が首相推薦枠と記されていることを明らかにした

3.
公文書の管理方法について7府省庁を調査した結果、97%の部署で「問題あり」

4.
桜を見る会を巡る野党質問への政府の主な回答(東京新聞)



12月25日(水曜日)

1.
招待区分「60」が首相推薦枠だったことについて
菅は「当時はそうだったのでは」としらばっくれた

2.
官邸側が勝手に会見を打ち切ろうとして紛糾



12月26日(木曜日)

1.
第19回「桜を見る会」追及ヒアリング

2.
菅、「自民党招待枠」6000人の具体的な算出方法を聞かれ、
「私自身が聞き取りを適切に行った」



12月27日(金曜日)

1.
桜を見る会 2013年以降は決裁なし(朝日新聞)

2.
内閣府 招待者名簿の電子データが8週間で消えるその根拠となる明文規定の有無について、
誰も答えられない(毎日新聞)

3.
首相と番記者が忘年会



12月28日(土曜日)

1.
「桜を見る会」1953~2005年は小規模 来場者数、国立公文書館分館に保管 
(中国新聞社)




12月29日(日曜日)

1.
「桜を見る会」、招待客の基準や人数、予算額などの見直し作業を来年春に先送り
有識者検討会なども設けず
(東京新聞、朝刊)

2.
「昭恵枠」不透明な招待基準 出身校後輩、主催フォーラム参加者…「まるで同窓会」
(毎日新聞)

3.
招待者名簿や各省庁への招待者の推薦依頼文書の廃棄記録を内閣府が残していなかったことが判明
政府のガイドラインは、廃棄簿に記載することを義務づけているが、内閣府はガイドライン違反を認めた。
(毎日新聞)










12月21日(土曜日)

1.

安倍首相「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者が複数! 公選法の「買収罪」に相当、少額・少人数でも議員逮捕のケース
2019.12.21
https://lite-ra.com/2019/12/post-5155.html
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/372.html

実際に今年おこなわれた選挙では、供応買収・事前運動という公選法違反を犯して逮捕された者が多数いる。

 たとえば、4月7日投開票の熊本県議選では、初当選した城戸淳氏の運動員が市内の宴会場で立候補予定者だった城戸氏の「囲む会」を主催し、有権者約30人に「当選させたいので応援してください」などと言い、1人当たり2970円相当の飲食を提供した疑いで逮捕。供応買収と事前運動の罪で罰金50万円の略式命令を熊本簡裁が出している。
また、4月21日投開票の福岡県篠栗町議選では、福岡県警は告示前である2月に有権者数十人に対し、飲食店で食事や酒を1人約1800~3800円相当で接待、投票などを依頼したとして同町議の大楠英志氏を供応買収と事前運動公選法違反の疑いで逮捕。逮捕後、大楠氏は議員辞職している。
 さらに国政選挙でも、2010年には自民党の野上浩太郎参院議員(現・自民参院幹事長代行)の集会の帰りに地元自民党の市連青年局長が、野上氏への投票や票のとりまとめを依頼した有権者13人に1人当たり約2300円の飲食物を提供したとして供応買収と事前運動の公選法違反の罪で略式起訴されている。






12月23日(月曜日)



1.
菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?
12/23(月) 6:20配信
週プレNEWS
(抜粋)
「桜を見る会」スキャンダルで連日、記者の追及を受ける菅 義偉(すが・よしひで)官房長官がポンコツ化の一途をたどっている。就任以来、7年間も大過なく一日2回の定例会見をこなしてきた長官が回答に困り、生気のない表情で立ち往生する姿が目立っているのだ。世間が「菅さんが変?」と首をかしげたのは12月4日の会見。「桜を見る会」招待者名簿のバックアップデータをめぐる記者とのやりとりで、「ちょっとお待ちください」を連発。官僚からの差し紙(回答案を走り書きしたメモ)を受け取り、そのまま棒読みするシーンが11回も繰り返されたのだ。



2.

https://this.kiji.is/581789698801763425?c=39550187727945729
招待状60番「官邸や与党の枠」
桜見る会で内閣府
2019/12/23 19:27 (JST)12/23 19:31 (JST)updated
 参院内閣委員会は23日、首相主催の「桜を見る会」を巡って理事会を開き、野党が提出した質問に対する政府側の回答を聴取した。内閣府は、今年の一部の招待状に付された「60」の区分番号について担当者に聞き取った結果として「官邸や与党の枠だった」と明らかにした。



https://twitter.com/miyamototooru/status/1209069270618894338
宮本徹
@miyamototooru
招待状60番「官邸や与党の枠」と職員に確認したとのこと。ジャパンライフ山口氏は官邸・与党の誰が呼んだか、
官邸と与党は責任を持って明らかにすべきです。それにしても、60番が誰の枠か、私が国会で聞いたのは11月26日、
職員に確認するのに1ヶ月とは、時間稼ぎがすぎる。
招待状60番「官邸や与党の枠」 桜見る会で内閣府 | 共同通信
参院内閣委員会は23日、首相主催の「桜を見る会」を巡って理事会を開き、野党が提出した質問に対する政府...
this.kiji.is
午後8:12 2019年12月23日




https://twitter.com/eigenkino/status/1208677667035213824
Eigen Kino
@eigenkino
こちらは平将明議員の七周年のときの受付票。区分の「10」が国会議員を示すのは「桜を見る会」と同じ。
https://facebook.com/tairamasaaki/photos/a.577301715694090/1693074594116791/
画像
午後6:16 2019年12月22日


https://twitter.com/sangituyama/status/1208952282022211584
こたつぬこ
@sangituyama
安倍さん、落とし穴を掘って自らはまるという。
冨永 格(たぬちん)
@tanutinn
「100兆円の予算の話をしているのに(桜見会前夜祭の)5000円の話をやるの? 子供のサッカーと同じでボールに集まってるだけなんですよ」
と安倍首相。12月17日居酒屋での番記者オフ懇で。懇談は訪印中止を受けて急きょ設定され、
毎日新聞、東京新聞を除く全社が参加。会費は4500円だったと(週刊現代)
午後0:27 2019年12月23日


https://twitter.com/mu0283/status/1208948167829360641
上西充子
@mu0283
この国会審議の街頭上映の取り組みを昨年6月に始めた当初は、
#国会パブリックビューイング
#街頭テレビ・国会可視化プロジェクト
#テレビが流さないなら街で流そう
とハッシュタグをつけていたのですが、最終的に「国会パブリックビューイング」に決めました。
国会「迷答弁」路上に笑い声 全国上映、仕掛けたあの人:朝日新聞デジタル
 意図的に論点をずらして答弁したり、回りくどい説明をしたり――。そんな国会での生のやりとりを知ってほしいという思いから、
大学教授が始めたのが国会審議の「まちなか上映」だ。全国に広がる取り組みは名付けて…
asahi.com
午後0:11 2019年12月23日







12月24日(火曜日)


1.

https://twitter.com/norikorock2019/status/1209301933556555776
NORIKOROCK石垣のりこ後援会
@norikorock2019
第18回 総理主催「桜を見る会」追及ヒアリング
〈配布資料〉
https://00m.in/uIZcU
#石垣のりこ NORIKOROCK2019
#石垣のりこ キャス
twitcasting.tv
午前11:37 2019年12月24日



2.
共産党の宮本徹議員は国立公文書館で開示されている2005年開催「桜を見る会」の資料を公表
そこには招待区分「60」が首相推薦枠、「61」は自民党枠、「62」は公明党だと明記されていた
なお、招待区分「60」はマルチ商法「ジャパンライフ」元会長山口隆祥の2015年の招待状に付されており
安倍晋三が山口隆祥を直接招待したことになり大問題である


https://twitter.com/miyamototooru/status/1209274198213812224
宮本徹
@miyamototooru
国立公文書館にいます。招待区分「60」はやはり、「総理大臣」。平成17年桜を見る会。このときは、60総理737人、61自民党1483人。
62公明党200人、65官房長官132人、66官房副長官192人。60から63が総理大臣推薦者のくくり。昨日の内閣府の説明、
60番台は官邸・与党というのとも符合します。
午前9:46 2019年12月24日


https://twitter.com/miyamototooru/status/1209284078156931073
宮本徹
@miyamototooru
平成18年の桜を見る会は、招待者の最終決裁者は、小泉内閣総理大臣の印。本当に、今年は招待の決裁をおこなっていないのか。
すべて破棄したとして闇に葬るのか。
午前10:26 2019年12月24日

https://twitter.com/miyamototooru/status/1209347632927141888
宮本徹
@miyamototooru
「平成18年桜を見る会決裁」にあった、推薦依頼にかかわる決裁文書。各省庁あて推薦依頼について、どういう方を、どういう規模で依頼するか、決裁されています。最終決裁者は官房長。いま、内閣府人事課には、桜を見る会のこうした書類は何もないとされるのですが、推薦依頼も決裁なしでやっているのか
午後2:38 2019年12月24日



桜見る会の招待区分60は首相枠
05年分決裁文書一覧表に明記
2019/12/24 19:07 (JST) 共同通信社
https://this.kiji.is/582123660728190049?c=39546741839462401
 共産党の宮本徹衆院議員は24日、「桜を見る会」の招待区分「60」が首相推薦枠だと明記された2005年開催時の資料を公表した。


桜を見る会、「60」は首相推薦 野党が公文書館で確認
有料会員限定記事
小林豪 2019年12月24日17時03分
https://www.asahi.com/articles/ASMDS42RQMDSUTFK00J.html
 2005年の「桜を見る会」の招待者数に関する政府資料で、首相推薦の招待者が「60」という番号で区分されていることがわかった。「60」をめぐっては、オーナー商法で行政指導されたジャパンライフの元会長に届いたとされる15年の招待状にも記載。野党は安倍晋三首相の推薦枠で元会長が招待された可能性が高まったとしている。




「桜を見る会」招待状の“「60」は「総理枠」”を示す決定的証拠が発見! 悪徳マルチ・ジャパンライフ会長を招待したのはやっぱり安倍首相
2019.12.24
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/440.html



3.


公文書の管理方法について、内閣府公文書監察室が無作為に選んだ7府省庁を調査した結果、97%の部署で「問題あり」
管理簿への記載漏れや誤記載、公文書の保存期間が本来より短く設定されていたケースなどがあった
出鱈目な公文書管理の実態が明らかとなった

デタラメ公文書管理 7府省庁調査の97%部署で「問題あり」
2019/12/24 日刊ゲンダイ
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/441.html





4.
桜を見る会を巡る野党質問への政府の主な回答(東京新聞)

https://twitter.com/granamoryoko18/status/1209249468140290049
YOKO(What do YOU do?)
@granamoryoko18
この一覧表、ナイス
紙でも #東京新聞 買いに行こっと!
https://tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019122402000149.html
画像
午前8:08 2019年12月24日





12月25日(水曜日)


1.
昨日、2005年開催の招待区分「60」が首相推薦枠だと明らかになったが、そのことについて
菅は「当時はそうだったのでは」としらばっくれた
しかし2005年(小泉政権)と2015年(安倍政権)では以下のように他の招待区分も一致していることから苦しい言い訳である

「10」が「国会議員」枠、「20」が「国務大臣」「副大臣、政務官、認証官及び各省庁局長以上の者」「東京都、道府県知事・議長等」、
「30」が「元国会議員」「歴代総理大臣、同未亡人」「前事務次官等」、「70」が「報道関係者」
https://lite-ra.com/2019/12/post-5162.html



05年「当時はそうだったのでは」 桜を見る会「60」首相枠 25日午前の菅官房長官会見詳報
会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月25日 17時53分(最終更新 12月25日 18時45分)
https://mainichi.jp/articles/20191225/k00/00m/010/161000c


2005年の桜を見る会「60」は首相枠 官房長官認める
2019/12/25 15:10
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53780930V21C19A2PP8000/
菅義偉官房長官は25日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」について、招待区分「60」が2005年開催時に首相推薦枠だったと認めた。




2.

「桜見る会」で菅氏会見紛糾 官邸側が終了要請
12/25(水) 13:13配信 共同通信
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019122501001335.html
 首相主催の「桜を見る会」を巡り、菅義偉官房長官の25日の記者会見が一時紛糾した。複数の記者が手を挙げているにもかかわらず、司会役の官邸報道室長が「次の質問を最後に」と求めた。記者側は反論し、会見はしばらく続行された。
 桜を見る会の問題が浮上して以降、政府の対応を問いただす質問が相次ぎ、「次の日程」を理由に打ち切られるケースが続いていた。
 桜を見る会についての質問が続いていた最中、報道室長が「この後の日程があるので次の質問を最後にお願いする」と発言。記者側は「いま手を挙げている社の質問は受けてほしい」と要望した。菅氏は続行を受け入れた。


望月衣塑子
@ISOKO_MOCHIZUKI
#桜見る会 の質問が重なると、上村報道室長が「日程あるので次で最後」を連呼し、記者の質問打ち切りが続いていた。菅氏の1番の仕事は政府広報で、歴代長官の会見は30分枠で取ってきたはずだ。今週は1日1回を10分程度。幹事も流石に問題と思ったのだろう
「桜見る会」で菅氏会見紛糾 官邸側が終了要請(共同通信) - Yahoo!ニュース
午後5:45 2019年12月25日






12月26日(木曜日)


1.

桜を見る会追及本部 ヒアリング


https://twitter.com/noiepoie/status/1210086752527872000
菅野完の従兄弟の同級生のお兄ちゃんの彼女の先輩の友達
@noiepoie
原口さんの名言キタ
「宮本議員が名簿を出せといえば当日にシュレッダーにかけ、田村議員がルールを示せといえば当日にルールを変える。内閣府には共産党が質問すると内規を変えるというルールでもあるのか」
午後3:35 2019年12月26日



https://twitter.com/miyamototooru/status/1210100945092112384
宮本徹
@miyamototooru
今年最後の、桜を見る会追及本部のヒアリング。やっとシンクライアントシステム導入の際の仕様書がでてきましたが、
バックアップやログ管理については別紙で出てこず。相変わらず、廃棄を証明するログをだそうとしない。
午後4:32 2019年12月26日


https://twitter.com/miyamototooru/status/1210108716726419456
宮本徹
@miyamototooru
桜を見る会追及本部、ヒアリング。今日の驚きは、長年ずっと決裁をとってきた招待者名簿について、2013年、第二次安倍政権になってから、
決裁をとらなくなったとのこと。決裁もとれないようなやましいものになったということなのでしょうか。
午後5:02 2019年12月26日




2.
菅、2019年度の桜を見る会の「自民党招待枠」が6000人であると以前述べたことについて
その「6000人」という数字が一体何を根拠に出てきた数字なのか具体的な算出方法を聞かれ、
「私自身が聞き取りを適切に行った」としか答えなかった。
名簿も破棄した(と政府側は言い張っている)のにその「6000人」という具体的な数字が出せたのが全く疑問である


桜を見る会 「自民党枠」の算出方法など具体的に答えず 26日午前の菅官房長官会見詳報
会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月26日 13時45分(最終更新 12月26日 18時50分)
https://mainichi.jp/articles/20191226/k00/00m/010/112000c






12月27日(金曜日)


1.

内閣府は「桜を見る会」追及ヒアリングにおいて
第2次安倍政権発足翌年の2013年以降の「桜を見る会」招待者名簿などについて文書による決裁をしていないと明らかにした
2005年の「桜を見る会」の開催要領などは当時の小泉純一郎首相の印によって決裁されていることはすでに明らかになっている
内閣府側は「なぜ(決裁を)とらなくなったのかについては、わからない」と答えた
安倍政権になってから決済を取らなくなったことが浮き彫りとなった


2013年以降は決裁なし 桜を見る会、内閣府が説明
2019年12月27日01時12分
https://www.asahi.com/articles/ASMDV7VFFMDVUTFK020.html
 首相主催の「桜を見る会」について、政府は26日、第2次安倍政権発足翌年の2013年以降、
招待者名簿などについて文書による決裁をしていないと明らかにした。同日開かれた立憲民主党などで作る野党追及本部の会合で、内閣府側が説明した。
 


2.

内閣府、データ消去8週間の「文言、私の手元にございません」 桜を見る会野党ヒアリング
会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月26日 21時14分(最終更新 12月27日 10時56分)
https://mainichi.jp/articles/20191226/k00/00m/010/307000c
「桜を見る会」について、政府の担当者に疑問点をただす野党追及本部のヒアリングが26日もあった。
焦点となっている招待者名簿の電子データについて、政府はこれまで保管期間を「最大8週間で、データはもう残っていない」と説明してきたが、居合わせた内閣府の幹部や担当者が、その根拠となる明文規定の有無について、誰も答えられない一幕があった。




https://twitter.com/noiepoie/status/1210352233734234112
菅野完の従兄弟の同級生のお兄ちゃんの彼女の先輩の友達
@noiepoie
つまり、昨日(12月26日(木))の #桜を見る会 野党合同ヒアリングで判明した事実をまとめると
「公金を使ったパーティーなのに、決裁なしで招待客が選ばれている上に、その招待客名簿は8週間で消える」
ということになる。
なんだよそれw
地下組織の集会かよw
引用ツイート
菅野完の従兄弟の同級生のお兄ちゃんの彼女の先輩の友達
@noiepoie
昨日の #桜を見る会 野党合同ヒアリングの様子を伝える毎日と朝日の記事を並べると…
毎日「データが8週間で消えると言う根拠文書が見当たらない」
朝日「第二次安倍政権になってから招待客の決裁取ってない」
…ということになる
おいw やばいな我が国w
午前9:10 2019年12月27日




3.


首相と番記者の“ごっつあん忘年会” 記念撮影に今年も長蛇
2019/12/28 日刊ゲンダイ
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/514.html






12月28日(土曜日)


1.

「桜を見る会」1953~2005年は小規模 来場者数、国立公文書館分館に保管 
2019/12/28 06:40 (JST)12/29 01:21 (JST)updated
中国新聞社
(抜粋)
 首相主催の「桜を見る会」を巡り、1953~2005年の来場者数が書かれた公文書が、国立公文書館つくば分館(茨城県つくば市)に保管されていることが分かった。1万人を超えたのは2度だけで、最多は99年の1万1206人。安倍晋三首相(山口4区)が主催し、政府が来場者数を公表している2014~19年より小規模だったことが裏付けられた。

 小渕恵三元首相主催の99年が最も多く、1万1206人
2番目が橋本龍太郎元首相の96年の1万95人、
3番目が宮沢喜一元首相の93年の8746人

安倍首相の大叔父の佐藤栄作元首相の65~72年は2980~5074人だった。
 そのほか田中角栄元首相の73、74年、大平正芳元首相の79、80年はいずれも5千人台。
中曽根康弘元首相の83~87年は6405~8091人だった。

 05年以前は緩やかな増加傾向で推移している。これに対し、第2次安倍政権になって以降、13年の人数は明らかになっていないものの、14年の約1万3700人から19年に約1万8200人へ急増




12月29日(日曜日)


1.

「桜」見直し、春に先送り 政府部局内だけで検討へ
2019年12月29日 朝刊
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019122902000122.html
 政府は、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を巡り、招待客の基準や人数、予算額などの本格的な見直し作業を来年春に先送りする方針を固めた。政府高官が明らかにした。来年一月召集の通常国会で野党の追及材料となることを懸念。二〇二〇年度予算案審議への影響を回避する思惑がある。有識者検討会なども設けず、政府の部局内で検討を進める方向。


2.

「昭恵枠」不透明な招待基準 出身校後輩、主催フォーラム参加者…「まるで同窓会」
毎日新聞 2019年12月29日
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/544.html



3.
「桜」招待者名簿の廃棄記録なし 内閣府 政府ガイドライン違反
毎日新聞 2019年12月29日
http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/547.html
首相主催で毎年春に開かれてきた「桜を見る会」を巡り、2017年度まで5年間の招待者名簿や各省庁への招待者の推薦依頼文書の廃棄記録を内閣府が残していなかったことが判明した。公文書管理のルールを定めた政府のガイドラインは、文書廃棄時に行政文書ファイル名や廃棄日などを廃棄簿に記載することを義務づけているが、内閣府はガイドライン違反を認めた。